予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは予防歯科とは、むし歯や歯周病を未然に防ぐために、歯のメンテナンスやブラッシング指導、歯垢や歯石除去などのクリーニング(スケーリング)を受けることです。また、食生活のアドバイスも行い、むし歯・歯周病になりにくい口腔内の環境を目指します。定期的に歯科医院で予防歯科治療を受けることで、むし歯や歯周病を早期発見・早期治療ができるため、結果的に歯を失うリスクを大きく低減できます。

予防歯科の重要性

予防歯科が重要なのは、生涯にわたり1本でも多くの歯を残すことが必要なためです。日本では8020運動という厚生省と日本歯科医師会が推進している運動があります。これは80歳で20本以上の天然歯を残すことを目指し、セルフケアとプロフェッショナルケアを組み合わせてお口の健康を保ちましょうという運動です。諸外国と比較するとスウェーデンでは70歳で平均20本歯が残存しておりアメリカで17本、イギリスで15本となっていますが、対して日本では8本となっており、歯の残存本数が少ないことからこのような運動が推進されています。

ではなぜ日本ではこんなに歯の残存本数が少ないのでしょうか?

それは予防のために歯科医院へ定期的に通っている割合によるものだといえます。先ほど例に挙げた諸外国では定期的に検診やクリーニングを受けている割合が約70%から90%を誇る中、日本では約6%です。当然、定期的に歯の検診やクリーニングを行わないことで虫歯や歯周病に罹るリスクは大幅に増えます。また、定期的に通っていないということは、通院をするときには『何らかの症状が現れたから通院する』ということになりますので、ある程度症状が進行してしまっていることが多いため、歯を失ってしまうリスクも高いのです。

予防意識を高めて検診やクリーニングを受けて歯を大切にするだけで、ご自身の歯を長きにわたり残すことが出来るのです。20本以上の歯が残っていれば、食事を美味しく楽しめるため、QOL(生活の質)の維持にも繋がります。是非、みなさまも予防意識を高めて歯を大切にしましょう。

当院の予防歯科メニュー

虫歯、歯周病などのチェック

まずは虫歯や歯周病などがないかチェックします。虫歯のチェックにはレーザー虫歯探知器や、虫歯菌にだけ反応して色を発する染め出しを行って虫歯の有無をチェックします。歯周病の検査では歯と歯ぐきの間の歯周ポケットと呼ばれる部分に、検査用の特殊な機器を使用して深さを測ります。目安としてこの深さが3~4㎜で軽度歯周病、4~6㎜で中度歯周病、6㎜以上は重度歯周病と判断することが一般的です。その他にも骨の状態を確認するためにデジタルレントゲンによる撮影をおこない口腔内の異常がないか診断致します。

歯のクリーニング(PMTC)

歯のクリーニング(PMTC)PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、専用器具を用いて歯の表面に付着した歯垢や歯石を徹底的に取り除き、むし歯や歯周病のリスクを低減する処置です。歯と歯茎の間の歯周ポケットに入り込んだ歯垢や汚れを取り除き、歯周病を予防します。さらに、歯の表面がつるつるになるため、爽快感も得られます。

フッ素塗布

フッ素塗布⻭⽯を除去した後、⻭には⽬に⾒えない細かな傷がつきます。傷を治す再⽯灰化の⽬的でクリーニング後にはフッ素を塗布して⻭質の強化を⾏います。

歯磨き指導

ブラッシング指導毎日丁寧に歯を磨いていても、実際にはすみずみまで磨けていない場合があります。歯と歯の間、歯と歯茎の間などは磨き残しやすい部位であり、そこに溜まった歯垢や歯石によって、むし歯や歯周病が引き起こされます。当院では、歯ブラシの選び方や持ち方、動かし方まで詳しくお伝えしておりますので、どのようなことでもご質問ください。

定期検診がおすすめ

定期健診がおすすめむし歯や歯周病を防ぐには、定期検診で歯垢や歯石をこまめに取り除く必要があります。3~4ヶ月に1回程度の頻度でメンテナンスを受けることで、むし歯や歯周病のリスクを大きく低減できます。また、ブラッシング指導も受けていただき、セルフケアの質を高めることも重要です。それでもお口の中に歯垢や歯石が溜まっていくため、定期検診で歯のメンテナンスを受けて、お口の中をリセットする必要があります。セルフケアとプロフェッショナルケアを組み合わせて、むし歯や歯周病から歯を守りましょう。

予防歯科・定期検診・クリーニングにかかる費用は?

予防歯科は基本的に保険適用となりますので約2,000円~3,000円ほどです。日本歯科における健康保険制度は『治療』をおこない機能的に回復させるために受ける場合に対して適用されるため、治療を受けることにならないように予防をする『予防歯科』には適用されませんでしたが、2020年の診療報酬改定によって保険適用となりました。

TOPへ戻る
TEL:03-3300-1184入れ歯専門サイトはこちら入れ歯専門サイトはこちら