小児歯科・小児矯正

小児歯科

小児歯科お子様の歯は、大人の歯と比べて歯質が柔らかいため、むし歯になりやすい傾向にあります。小児歯科は子どもの歯の治療やメンテナンスを行います。乳歯はいずれ永久歯に生え替わりますが、乳歯のむし歯を放置すると、永久歯の強度や生え方に悪影響が及ぶ恐れがあります。

子どもの頃から定期検診を欠かさないことで、むし歯で歯を失うリスクを大幅に下げることが可能です。また、歯並びに問題が生じても、最小限の治療で歯並びを整えることが可能になります。

子どもの歯科治療の特徴

小児歯科での治療は、大人の歯と違って子どもの歯は日々成長しているため、変化を予測しながら治療を行う必要があります。当院では、子どもの心理や生活習慣などを理解し、お子さまによって異なる特徴を踏まえて治療しております。

お子さま歯を守るために

お子さま歯を守るために乳歯が生えてからしっかりとケアを欠かさないことで、生涯にわたりむし歯になりにくい状態へ整えられます。『乳歯は永久歯に生え変わるからそんなにケアをしなくても大丈夫かな?』と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、乳歯の状態が悪いと永久歯に生え変わったときに、悪影響を与えることもありますので乳歯からのケアは非常に重要です。

毎日の歯磨きを習慣づけるだけではなく、定期的にプロフェッショナルケアを受けて、お口の健康を保つことが大切です。お子さまの健康なお口は親御さまと歯科医院が一緒に作り上げるものですので、お困りの際は当院までお気軽にご相談ください。

小児歯科メニュー

歯磨き指導

歯磨き指導丁寧に歯磨きをしていても、すみずみまで磨けているとは限りません。当院では、お子さまの磨き方のクセを踏まえたブラッシング指導を行っております。また、歯ブラシの選び方や持ち方など、きめ細かなアドバイスを心がけております。そのほか、仕上げ磨きをされる親御さまに対してもブラッシング方法をお伝えしておりますので、不明点がございましたらお気軽にお申し出ください。

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素は、歯の再石灰化を促したりむし歯に強い歯質を作ったりする成分です。当院では、歯に付着した歯垢や歯石をすみずみまで取り除いてから、歯の表面にフッ素を塗ります。3~6ヶ月に1回のペースでフッ素塗布を続けることで、継続的なむし歯予防効果を得られます。

シーラント

シーラントシーラントとは、奥歯の複雑な構造をしている溝に歯垢が溜まらないように、プラスチックで埋めてしまう処置のことです。奥歯の溝は、丁寧に歯磨きをしていても磨き残しやすいため、簡単にむし歯になってしまいます。歯垢を取り除けずに時間が経つとむし歯になるため、歯垢が詰まる前にシーラントで対策することが重要です。

小児矯正

矯正治療を始めるタイミング

矯正治療を始めるタイミング

小児矯正は、乳歯と永久歯が混在している時期に行う「一期治療」と、永久歯に生え替わってから行う「二期治療」に分類されます。一期治療で歯が並ぶスペースを確保するために、顎を拡大する治療を行います。そして、二期治療は成人の矯正治療と同じく、ブラケット矯正やマウスピース矯正を行います。

当院では、一期治療を重視して、抜歯せずに矯正治療を行える状態を目指しておりますので、お子さまの負担を少しでも減らしたい親御さまは、お早めにご相談ください。

小児矯正のメリット

顎の成長をコントロールできる

子どもの顎の成長を利用して、歯がきれいに並ぶスペースを確保できます。これは、成長期の子どもにしか適用できない治療です。

歯が動きやすい

子どもの歯は大人の歯よりも動かしやすく、少ない負荷でも大きく動かせます。また、動かすときの痛みも大人の矯正治療と比べて少なくなっています。

抜歯を防げる可能性がある

顎を拡大して歯がきれいに並ぶスペースを確保すれば、抜歯を免れられる可能性があります。

矯正装置に慣れやすい

子どもは適用能力が高いため、大人よりも早く矯正装置に慣れる傾向があります。また、歯並びの変化に対して身体が適用しやすいことも特徴です。

少ない治療費で矯正できる

大人と比べてスムーズに歯を移動できるため、治療期間の短縮と治療費の軽減が期待できます。

悪い歯並びが引き起こすリスク

  • 唾液が口のすみずみまで行き渡りにくくなりむし歯や歯周病のリスクが上がる
  • 特定の歯に負担がかかって割れたり抜けたりするリスクが上がる
  • 咀嚼能力が低下して消化器官に大きな負荷がかかる
  • 食べ物に偏りが出て栄養不足になる
  • 食べ物をうまく噛めない
  • 発音が悪い
  • 集中力が低下する
  • 歯並びに対してコンプレックスを感じる

歯を抜かない「床矯正」

歯を抜かない「床矯正」

床矯正は、顎の成長を促すことで歯がきれいに並ぶスペースを確保する矯正治療です。子どもの顎は大人の顎とは違い成長するため、成長をコントロールする形で歯が並ぶスペースを拡大できます。床矯正で十分なスペースを確保できれば、二期治療で歯を抜かずに歯並びを整えられます。

当院では、抜歯をせずに歯並びを整えられるように一期治療を重視しておりますので、お子さまの負担を軽減されたい親御さまは、ぜひご相談ください。

TOPへ戻る
TEL:03-3300-1184入れ歯専門サイトはこちら入れ歯専門サイトはこちら