入れ歯治療

入れ歯治療について

入れ歯入れ歯治療は、歯を失ったときに適用する治療法の中で最も古い歴史を持ちます。1本から全ての歯を失ったケースまで対応できるうえに、外科手術の必要がありません。身体に負担をかけることなく歯の機能を補えるのは大きなメリットです。最初に歯型を採取して模型を造り、それをもとに入れ歯を設計します。保険診療ではプラスチックを使用しますが、自費診療であれば金属床やセラミックの義歯など、さまざまな素材を使用して審美性と機能性に優れた入れ歯をお作りできます。入れ歯でよくある悩みは、痛みや違和感、発音のしにくさなどです。これらは入れ歯を調整することで解消できる可能性があります。お口の状態は絶えず変化するため、継続的に調整に通っていただくことが大切です。

失った歯を放置するリスク

むし歯や歯周病、事故などで歯を失った場合、速やかに歯の機能を補う治療を受けることが大切です。失った歯を放置すると、他の歯に負担がかかったり、隣の歯が倒れ込んできたりする恐れがあります。その結果、咬み合わせのバランスが崩れて、顎関節症や肩こりに繋がることも否定できません。

当院の入れ歯治療が選ばれる理由

入れ歯治療で有名な院長による治療

当院では、入れ歯治療で有名な院長が患者さまのお口の状態に適した入れ歯を提案しております。下顎に吸着する義歯のような快適な入れ歯のご提案も可能です。入れ歯はご自身の歯の代わりになるものですので、少しでも違和感が生じた際はお早めにご相談ください。

入れ歯をお試しできる

当院では、コンピューターを用いて作製するデジタル義歯を取り扱っております。患者さまのお口の状態やご希望を踏まえて、微調整をしたものをご提供いたします。また、紛失や劣化などで再製作が必要になっても、速やかに入れ歯を再作製できるため、生活への支障を最小限に抑えられます。

質の高い入れ歯を提供

入れ歯は痛いもの、すぐに外れるものといったイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。当院では、装着時の痛みや違和感を抑えた入れ歯の提供に努めております。下顎義歯吸着を開発した院長や優秀なスタッフ、協力機関などによる質の高い入れ歯をお求めの方はお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

総義歯

入れ歯の種類歯が1本も残っていない場合に適用する入れ歯です。粘膜を覆う人工床に義歯が並んでいる構造で、粘膜に吸着させて使用します。

部分義歯

部分義歯歯が1本でも残っている場合に適用する入れ歯です。残っている歯にクラスプという留め具で入れ歯を引っかけて装着します。

バネの見えない部分入れ歯(自由診療)

上は総入れ歯、下は部分入れ歯ですが、バネが見えないので、とても自然です。

バネタイプ

部分入れ歯を固定するために残存歯にバネをかけるタイプの義歯です。左右がつながる部分は、コバルトクローム(卑金属)や白金加金(ゴールド系)で作るとよいと言われています。選ぶ金属によって値段が異なります。製作工程が簡単なのが利点ですが、バネで歯が揺すられやすいのが欠点です。

アタッチメントタイプ

残存歯を連結して強固にし、義歯にクリップを組み込んで、義歯を顎堤に固定する義歯です。バネタイプと同様に金属の種類を選択することが可能です。残存歯が歯周病に罹患すると、義歯の修理が難しくなります。義歯を外した時に、前歯がある点が利点です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとはインプラントを顎に埋入してバーで繋ぎ、そのバーの義歯側に付いたホックに引っかかることによって義歯を入れても落下することなく安定する義歯です。何でも食べられると患者様に評判の治療です。

製作過程が複雑で、治療費が高額となりますが歯を何本失っても、修理してそのまま使用出来る利点があります。強い力で噛むことが出来、歯同士で義歯が固定されると同時に、歯ブラシがしやすいので、歯周病にも強い義歯です。

TWO-インプラントオーバーデンチャー(2-IOD)

インプラントを下顎前方部にロケーター2本を埋入し、義歯側のホックが金属突起に引っかかるようにする義歯です。義歯を口に入れて食品を噛んでも、動きがわずかである特徴があります。下の総入れ歯で、顎の状態が悪い患者様に最適と考えられる治療方法です。

当院のデジタル義歯とは

当院のデジタル義歯とはデジタル義歯とは、口腔内をスキャンして取得したデータをもとに、3Dプリント技術や機械切削加工技術によって作製する入れ歯です。作製にかかる時間が早く、入れ歯も精密な構造をしているため、患者さまのさまざまなニーズを満たすことができます。また、データがパソコンに残るため、即座に再製作が可能です。

従来の方法との比較

従来の入れ歯治療では、粘土のような印象材を噛んでいただき、歯型を採取する必要がありました。デジタル義歯であれば、口腔内スキャナーで簡単に歯型データを採取できるため、印象材を噛むときの不快感に悩むことがなくなります。また、入れ歯は歯科技工士ではなく3Dプリンターなどの機械が製作するため、加工者による入れ歯の質の差が生まれません。

阿部院長が考案!外れない入れ歯とは?

阿部院長が考案!外れない入れ歯とは?阿部院長が開発した下顎義歯吸着は、下顎に義歯を吸着させることで安定性を高め、快適に食事や会話を楽しめるようになる技術です。食事制限が不要なため、好きな食べ物を心行くまでお楽しみいただけます。

下顎吸着のメリット

下顎義歯吸着は、入れ歯の安定性に優れているため、食事中に外れる心配がほとんどありません。固いものもしっかり噛めて、快適に食事をとっていただけます。これまで、入れ歯がすぐに外れることに悩まされていた方は、当院の入れ歯をぜひお試しください。

TOPへ戻る
TEL:03-3300-1184入れ歯専門サイトはこちら入れ歯専門サイトはこちら