矯正歯科(マウスピース矯正)

矯正治療とは

矯正治療とは

矯正治療とは、歯並びの乱れを改善し、見た目と機能の両方を改善させる治療です。歯並びが乱れていると食べ物をうまく噛めないことで特定の歯に負担がかかり、結果的にむし歯や歯周病のリスクが高まります。また、歯と歯のすき間、歯と歯の重なったところなどに歯垢や歯石が溜まり、むし歯や歯周病になる場合もあります。

歯並びの問題は、大きなコンプレックスの原因になりかねません。口元に自信を持てなくて後ろ向きな気持ちになりがちな方は、矯正治療で歯並びのコンプレックスの解消を目指してみてはいかがでしょうか。

歯並びチェック

上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯) 上の前歯が前方へ突出した歯並びです。
上顎前突は、上の前歯が突出しており、唇が閉じにくくなった状態です。前歯が乾燥して細菌が増えやすくなり、むし歯や歯周病のリスクが上がります。

乱ぐい歯

乱ぐい歯歯がさまざまな方向へ生えることで、歯と歯が重なったり歯と歯の間が大きく開いたりする歯並びです。歯ブラシがすみずみまで行き届かなくなることで、むし歯や歯周病のリスクが上がります。

開咬

開咬奥歯で噛んだ状態で前歯が噛み合わない歯並びです。発音が悪くなったり、舌の悪いクセが出やすくなったりします。

受け口

受け口上顎よりも下顎が出ている歯並びです。食べ物をうまく噛めなくなる他、むし歯のリスクも高まります。

空隙歯列 (くうげきしれつ)

空隙歯列 (くうげきしれつ)歯と歯の間が大きく開いた状態です。先天的に歯の本数が少ないことや、顎の大きさに対して歯が小さいことが主な原因です。

過蓋咬合 (かがいこうごう)

過蓋咬合 (かがいこうごう)下の前歯に上の前歯が大きく被さっている歯並びです。下顎を動かしづらくなる他、下の前歯が上の歯茎に触れて刺激する場合があります。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)奥歯の噛み合わせが左右いずれかにずれた歯並びです。下顎がずれることで顔がゆがんで見えるようになります。

歯並びが良くなるメリット
  • 歯ブラシがすみずみまで届くようになる
  • 食べかすが歯に挟まりにくくなる
  • むし歯や歯周病のリスクを低減できる
  • 食べ物をよく噛める
  • 顎関節症や肩こりが解消する
  • 歯並びのコンプレックスを解消できる

透明で目立たないマウスピース矯正

透明で目立たないマウスピース矯正マウスピース矯正は、透明のマウスピースを一定期間装着することで、歯を動かす治療です。食事や歯磨きのときはマウスピースを外しておけるため、清潔な状態を保てます。また、ブラケット矯正と比べて歯を動かすときの痛みが少ないこともメリットです。

ワイヤー矯正との比較

1.目立ちにくい

1.目立ちにくい透明のマウスピースを使用するため、周りの人に矯正していることを知られる心配がほとんどありません。また、ブラケット矯正のように口元が盛り上がることもないため、口元の見た目を悪くすることなく矯正治療を受けていただけます。

2.装着時の違和感と痛みが少ない

2.装着時の違和感と痛みが少ない装着時の見た目の違和感と痛みが少ないため、快適に矯正治療を受けていただけます。ブラケット矯正のように、金属の矯正装置によって口の粘膜が傷つく心配もありません。

3.食事への影響が少ない

3.食事への影響が少ないブラケット矯正のように、食べ物がブラケットに引っかかる心配がありません。食事制限をすることなく、快適に矯正治療を受けていただけます。

4.清潔な状態を保ちやすい

4.清潔な状態を保ちやすい歯磨きのときはマウスピースを外して、歯をすみずみまで磨くことができるため、清潔な状態を保ちやすいでしょう。結果的に、むし歯や歯周病のリスクを抑えられます。

5.アレルギーの心配がない

5.アレルギーの心配がないマウスピースには金属を使用しないため、金属アレルギーが起きる心配がありません。また、使用しているプラスチックは医療用ですので、身体にも無害です。

6.通院回数が少ない

6.通院回数が少ないマウスピース矯正では、ご自身で次の段階のマウスピースに交換していただきます。通院回数が少ないため、お仕事や家事、育児に追われている方も受けていただきやすいでしょう。また、通院の際は歯並びのチェックをメインに行いますので、短時間の診療で済みます。

7.スムーズに矯正できる

7.スムーズに矯正できるコンピューターシミュレーションに基づいてマウスピースを作製するため、診断から型取り、治療までの流れがスムーズです。また、精度が高いマウスピースを作製できるため、破損や脱落などのリスクがほとんどありません。

8.治療結果を予測できる

8.治療結果を予測できる治療のシミュレーションによって、最終的な歯並びを予測できます。そのため、治療後の計画を立てやすいでしょう。

注意するべきこと

注意するべきこと全ての症例にマウスピース矯正を適用できるわけではありません。中には、ブラケット矯正でなければ改善できない症例もあります。また、ご自身で脱着していただくので、装着時間の管理が必要です。装着時間が短すぎると、予想以上に矯正に時間がかかる恐れがあります。マウスピース矯正を行う場合は、装着時間の管理、マウスピースの清掃、歯磨きなどを徹底してください。

TOPへ戻る
TEL:03-3300-1184入れ歯専門サイトはこちら入れ歯専門サイトはこちら