部分義歯

バネの見えない部分入れ歯(自由診療)

上は総入れ歯、下は部分入れ歯ですが、バネが見えないので、とても自然です。

バネタイプ

部分入れ歯を固定するために残存歯にバネをかけるタイプの義歯です。左右がつながる部分は、コバルトクローム(卑金属)や白金加金(ゴールド系)で作るとよいと言われています。選ぶ金属によって値段が異なります。製作工程が簡単なのが利点ですが、バネで歯が揺すられやすいのが欠点です。

アタッチメントタイプ

残存歯を連結して強固にし、義歯にクリップを組み込んで、義歯を顎堤に固定する義歯です。バネタイプと同様に金属の種類を選択することが可能です。残存歯が歯周病に罹患すると、義歯の修理が難しくなります。義歯を外した時に、前歯がある点が利点です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとはインプラントを顎に埋入してバーで繋ぎ、そのバーの義歯側に付いたホックに引っかかることによって義歯を入れても落下することなく安定する義歯です。何でも食べられると患者様に評判の治療です。

製作過程が複雑で、治療費が高額となりますが歯を何本失っても、修理してそのまま使用出来る利点があります。強い力で噛むことが出来、歯同士で義歯が固定されると同時に、歯ブラシがしやすいので、歯周病にも強い義歯です。

義歯を外した時に、前歯が金属色になるのが審美的な欠点です。

TWO-インプラントオーバーデンチャー(2-IOD)

インプラントを下顎前方部にロケーター2本を埋入し、義歯側のホックが金属突起に引っかかるようにする義歯です。義歯を口に入れて食品を噛んでも、動きがわずかである特徴があります。下の総入れ歯で、顎の状態が悪い患者様に最適と考えられる治療方法です。

TOPへ戻る
TEL:03-3300-1184入れ歯専門サイトはこちら入れ歯専門サイトはこちら