ブログ

2022.06.04

厳しい「すれ違い噛み合わせ」の治療法

すれ違い咬合これは、自分の残っている歯が全く噛み合わない「すれ違い咬合」という、歯科では最も治療が難しいと考えられている状態です。 上顎にはオーリングという維持装置、下顎には、バネのついた義歯を作り、患者様には快適に使っていただいています。

TOPへ戻る
TEL:03-3300-1184入れ歯専門サイトはこちら入れ歯専門サイトはこちら