ホーム>部分入れ歯(部分義歯)

部分入れ歯(部分義歯)

部分入れ歯(部分義歯)詳細

部分義歯(部分入れ歯)

最も大切なことは部分入れ歯の装着後の定期的な残存歯のメンテナンスです。歯周治療を基本とした義歯の製作によって患者様の健康が長く保たれます。

部分入れ歯には、大きく分けて2種類あります

  • 残っている歯にバネをかける「バネ式の入れ歯」と、残っている歯を細工して入れる 「バネの見えない入れ歯」です。
  • バネ式の入れ歯はバネがかかった歯が義歯の動きに引かれるため、痛みやすいといえます。 反対にバネの見えない入れ歯は残った歯に冠をかぶせたり、磁石(マグネット)やボタン型の 特殊な装置をつけて義歯を固定します。 削られたくない歯を削ることもあり、それが欠点といえます。
  • いずれの場合においても、歯科医師が残っている歯がどの程度しっかりしているかを診て 患者さんと相談し、義歯のタイプを決定します。
  • 大切なことは、新しい義歯を入れることだけではありません。 残っている歯の歯周病を治した上で、できるだけ長く使えるようにすることも重要です。 治療後も歯がどんどん失われていくのであれば、その治療は失敗といわざるを得ないからです。
  • 歯周病を治しながら義歯を作り上げるシステムを構築して歯科衛生士4名とともに 治療に当たっています。

1. バネをかける義歯 (入れ歯)

バネ式の義歯 (入れ歯)

バネ式の義歯 (入れ歯)
下顎のバネ式入れ歯

上顎のバネ式入れ歯
上顎のバネ式入れ歯

2. バネの見えない義歯 (入れ歯)

1. ボタン型の部分義歯

ボタン型の部分義歯

金属ボタンに耐久性のあるゴムをかけて義歯を動かなくします。

2. マグネット式部分義歯

マグネット式部分義歯マグネット式部分義歯

歯に被せたマグネット冠と義歯側に付けたマグネットが+プラスと?マイナスの原理でつき、義歯を固定します。

3. 二重冠タイプの部分義歯

二重冠タイプの部分義歯
二重冠タイプの部分義歯
二重冠タイプの部分義歯

 

これは重症歯周病で来院した患者さんに二重冠(内冠+外冠)を装着した症例です。
全部の歯を抜かれるかもしれないという思いで阿部歯科医院に来院されました。
手遅れの歯・数本は抜歯になりましたが、残った歯は内冠を被せた状態で残りました。
この内冠に外冠となる義歯をカチンと装着することで、歯も揺れず、しっかりと物を噛むことができます。
その後5年経ちましたが、1本も抜けずに生活を続けておられます。

PAGETOP