ホーム>院長ブログ

院長ブログ

日本初のデジタル義歯

 
ミリングデザイン

コロナウィルスの為に、国内の学会, 私の総義歯セミナー及び6ヶ所で行う予定だった海外講演は、たぶん全て中止になるだろう。

その為、私には研究の為の十分な時間が出来た。

阿部歯科医院では、日本で初めてのデジタル義歯の開始を準備中。

               

 

3Dプリンター

約4年間、日本で最も大きな歯科メーカーのGC社とデジタル義歯の研究をしてきましたが、メーカーが開発を断念。

私は諦めずに、歯科の将来を考えて、海外の仲間とともにデジタル義歯を実践し、データを積み上げています。

3Dプリント義歯(積層タイプ)とミリング義歯(削り出しタイプ)があります。

近い将来皆様に提供できるよう努力し続けています。

コロナウィルス(Covid-19)

まさかの世界に広がるコロナウィルスに全ての生活が狂わされる。

感染拡大による世界経済の悪化、多数の死者、そしていつ終わるかも予測できない恐怖。

こんなことがまさか起きるなんて!と誰もが思っている。しかし、現実 …

皆が外出自粛に協力し、解決しなければ未来はない。

 

 

デジタル入れ歯の為の機器導入&デジタル入れ歯

 
スキャナー

デジタル入れ歯は、歯科技工のミスを減らす目的で世界中で脚光を浴びています。

まだ、日本の開業医でこの技術を自実践している歯科医院はありませんが、阿部歯科医院の将来を考え、高価な機材を購入しました。

スキャナーと3Dプリンターです。

デジタル機器を導入したからといって、入れ歯が簡単に完成するわけではありません。

 

日本ではまだ誰も実践していないことから、これらの機器の使い方を聴けるトレーナーがほとんどいないのです。3Shapeや名南歯科貿易と手を取り合い、現在、一生懸命勉強中です。

キャドカムデンチャー

 

デジタル入れ歯を完成させるためには、日本で使えない材料を使用することから、海外とのコネクションが大切になります。

現在、70%の完成度ですが、今年中には完璧に仕上げ、皆さんに提供できればと考えています。


 

デジタル入れ歯のオーストラリア研修

 
オーストラリア研修

デジタルテクノロジーで作る入れ歯が、世界中で興味がもたれています。

私は、過去4年間、東北大学歯学部大学院やGC社の協力によってこの分野の入れ歯を研究してきましたが、日本でこの入れ歯を作ることが、保険制度や材料の問題から困難でした。

まずは、このデジタル入れ歯を導入する前に勉強から始めようと思い、昨年の6月にオーストラリアのブリスベンで弟子のピーターに教わってきました。

そして昨年9月にスキャナーとプリンターを購入。

今これら機械と格闘中です!

 

今年の海外講演

ホビトンのサムネイル画像のサムネイル画像

 

本当に久しぶりのブログです。

下の入れ歯をインプラントなしで下顎の土手に吸着させる技術が私の専売特許です。

これは、私が開発した世界初の技術のため、よく外国から講演の依頼が来ます。

今年は5月にスペイン、9月にニュージーランド&オーストラリアで講演しました。

ニュージーランドのハミルトンで1日だけ観光に行きました。

映画で有名な「ロード.オブ..リング」の撮影地であるホビトン村を訪れ、観光気分を味わいました。

あくせくした時間を忘れゆったりとした時間を過ごせたことに感謝です。

蝦夷富士、見えたり!

 
羊蹄山

久々に仕事抜きの旅です。

ニセコにスキーに行ってきました。

もう何回もニセコに行っているのですが、羊蹄山の全容を見たことがありません。

つまりいつも天気が悪いという事です。

本当に羊蹄山は富士山によく似ています。

美しい姿ですね!

 

二郎スキー

年一スキーヤーなので上達は望めませんが、怪我なく楽しめたらと思っています。

今回は天気も良く☀、美しい景色を楽しみながらスキーを満喫できました。

いつもニセコヒルトンに宿泊するのですが、ここは海外?と思うほど外人だらけです。

英語しか話せないスタッフも沢山います。

アフタースキーも楽しみで、温泉に入り、美味しい食事に日本酒&ワイン!

至福の時です!

 

昨年最後のセミナー in北京

 
北京1

新年おめでとうございます!

年末いろいろ忙しく、やっとブログの更新です。

年が明けてしまいました(;´д`) 

昨年最後のセミナーは北京でした。

北京はpm2.5の影響か、煙くモヤ~としておりマスク必須の状況。

中国セミナーの受講生の気持ちは熱く、8:30am~6:00pmまで

ビシッとセミナーを受けた後、夕食後に再集合して、

夜遅くまでセミナーの復習・勉強をしていました。

まるでスポーツクラブの学生合宿みたいです。

その学ぼうとする熱意はヒシヒシと伝わってきました。


 

北京2

今回中国にある「歯道」言うスタディーグループの依頼で講演した

のですが、4000名から成る団体だそうで、

そのトップにいるのが48歳の女性歯科医師です。

カリスマ的存在で、会員の皆の信頼は厚く、

尊敬されているのが良くわかりました。

日本ではなかなか見られない光景です。

 

ivoclar社のBPSチーフインストラクター来日

furannku

ivoclar社のBPSチーフインストラクターのフランクとマチューが、

吸着義歯のインストラクターの資格を取るため来日した。

今後ivoclar社は吸着義歯を取り入れ、「BPS&吸着義歯」

アドバンスコースとして、世界中でセミナーを始めていくとのことです。

2人の熱心で、真剣に学ぶ姿に感銘を受けました。

感謝!

阿部吸着義歯、中国に本格的に上陸!

重慶

11月の週末は、学会参加3回、12月の北京講演の準備のため重慶へと、まったく休みが取れなかった。

重慶は想像していた以上に大都会。

たった一泊でとんぼ返りだった為、まったく観光などしていないが、昼に食べた水餃子はとても美味しかった!

来月は北京での4日間講演。

私の書いた「下顎吸着義歯とBPSパーフェクトマニュアル」が中国ではベストセラーとの事で、講演の依頼がありました。

中国では、まだ最新の総義歯作製の為の歯科材料も手に入らないが、手に入る材料で最高のパフォーマンスを見せたい。


 

阿部歯科医院、全員で学会参加!

GCセミナー

 週末、歯科医師・歯科衛生士全員でGC国際歯科シンポジウムに参加した。

阿部院長は講演のコーディネーター&演者として参加した。

私達、歯科衛生士は「歯周病の予防・治療・管理」や「再生医療と歯周病臨床」、「歯周病予防の新しいスタイル」についてなど、多くの新しい知識や考え方を学んだ。

「食べる機能の維持は脳や体の機能の維持につながる」また以前からテレビや新聞などで歯周病菌が血管を通して全身に周り、糖尿病・心疾患・脳梗塞・肺炎etcを引き起こすという話を聞いた事がある方も多いと思います。

お口の健康が、全身の健康につながる。美味しく食事を食べ、適度な運動をし、生きがいを持つ事が長生きの秘訣だと思います。


 

PAGETOP