ホーム>お口の豆知識>2013年3月

2013年3月

第7話 噛みしめ&歯ぎしり

“朝起きると顎がだるい”,“虫歯や歯周病がないのに歯が痛む”そんな症状の方は「噛みしめ」や「歯ぎしり」が疑われます.そういう方にはスプリント療法を行うことがあります.

 

2013328121520.jpgのサムネイル画像

新しいスプリント

患者さん: スプリントって何ですか
歯科医師:     

スプリントとは,歯や顎関節を守るためのマウスピースのような道具です.

 固いプラスチック製と軟らかいシリコン製のものがありますが,阿部歯科医院では,固いプラスチック製を使っています.

2013329182845.jpg

強い噛みしめでスプリントが白く傷ついている

患者さん: どのような時に作るのですか?
歯科医師:     

 起床時に、「顎が痛い」,「歯が浮く」などの症状を訴える患者さんの多くは,夜に強く噛み締めていたり、歯ぎしりをしています.

患者さん:

原因は何ですか?

歯科医師: 一般的には日常のストレスが原因といわれています.

奥村スプリント矢

歯ぎしりで傷だらけで穴が開いてしまった

患者さん:

 歯医者さんは,噛み締めや歯ぎしりを無くすための治療ができるのですか?

歯科医師:              

できません.

私達は歯を治療するのが専門であって,患者さん自身の精神的な部分に触れる治療はできません.その代わり,スプリントという物を作って、無意識に行う「噛みしめ」や「歯ぎしり」などの強い刺激から歯や関節を守ります.

文献データからも良い効果があると考えられていて、装着直後から「痛みが消えてすっきりした」「よく眠れるようになった」という意見が多く聞かれています.

 

 

PAGETOP