ホーム>お口の豆知識>お口の豆知識>第3話 インプラントと歯周病
お口の豆知識

第3話 インプラントと歯周病

患者さん: インプラントで治療してほしいのですが。
歯医者: うーん…、レントゲンと歯周検査の結果、まずきちんとした歯周治療をしてからですね。

 

2013125132415.jpg 2013125132425.jpg

歯石とヤニで汚れたお口

 

歯医者: インプラントは天然歯より歯周病菌に感染しやすいのです。
歯周病菌に感染するとインプラント周囲炎になり、インプラントの周りの骨がなくなります。
膿がでたり、腫れたりして、最終的にはグラグラし痛くて咬めなくなり、インプラントを撤去しなくては
いけなくなることがあります。

きちんとした歯周治療とは、
①正しい歯磨き、②食事・生活指導、③衛生士による徹底的なクリーニング、④定期検診です。

 

201312513279.jpg

膿が出て噛むと痛いインプラント

2013125132730.jpg

白線のところまで骨がなくなっている

 

患者さん: そうですか...きれいな口じゃないとインプラントはできないのですね?
歯医者: それとタバコも吸ってるようですが、できたら禁煙して下さい。
患者さん: タバコもだめですか!
歯医者: タバコのニコチンが抹消血管を収縮させ、歯周病のリスクが高くなります。
タバコもやめ歯周治療を受けて、このお口ならインプラントを打っても大丈夫と判断できたら やりましょう!
患者さん: がんばります!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.abe-dc.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6

PAGETOP